×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タイミングベルトを交換しないと?

車のタイミングベルトは定期的な交換が必須のパーツとして知られています。ですが、案外多くの人がこのタイミングベルトを交換せずそのまま走行しているという場合が少なくありません。

しかし、タイミングベルトは専門家に言わせれば必ず交換しなければならないもので、車検などで指摘される以前から、自分で交換していかなければならないのです。

そんなタイミングベルトの交換時期ですけれども、車種によって大きく異なる形になっています。まずはご自分の車の車種から、ご自分の車のタイミングベルトの交換時期を知るようにしていきましょう。

大型トラックや、キャンピングカーでもない、一般的な自動車の場合は、このタイミングベルトの交換も、それほど厳密にしなくても良いとは言われています。しかしながら、メーカーの指定は10年間の走行、もしくは10万kmだと言われていますので、これは必ず守りましょう。

しっかりとタイミングベルトも交換をしていくようにしてください。タイミングベルトの交換時期を過ぎる前にベルトが切れてしまうという例もあります。

これに関しては、エンジンのメンテナンスを定期的にすることで回避できると言われていますから、エンジンメンテナンスは欠かさずにするようにしてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

タイミングベルト交換は10万キロ以前でも?

タイミングベルトの交換も、積極的に行っていく事によって、より良い走行と安全なドライブをする事ができます。そんなタイミングベルトの交換時期は、車のメーカー側からも、10万kmの走行、そして10年の耐用年数と言われています。

どちらかの条件を満たしてしまった時は、それが、タイミングベルトの交換時期、つまり賞味期限というわけですので、新品に交換してあげてください。(くれぐれも使用時間の分からない中古品などではなく)

しかしながらこのタイミングベルトの交換も、エンジンに高度なチューニングをして、マニアックな車の改造をしてしまった場合、タイミングベルトにかかる負荷も、一般的な車に比べて極度に重いものになってしまいます。

もし、エンジンにチューニングをしているのでしたら、こまめにタイミングベルトのチェックをするようにしてください。交換時期が迫ってきたら、たとえ1年しか使っていなかったとしても、タイミングベルトは交換するようにします。

特に、エンジンオイル、ロングラウフクーラントといったフルード類をこまめに交換することが推奨されています。
タイミングベルトの交換でも、ワゴンrのタイミングベルトや、F6Aのタイミングベルトは、一般車よりも交換頻度を高くした方が良いでしょう。

タイミングベルト交換費用は?

タイミングベルトの交換は、特に高度な交換技術を必要とする、ワゴンrは、F6A、その他、スポーツカーなどを別にしてみると、整備技術レベルとしては、中級ほどだと言われています。

そのため、タイミングベルトの交換を確かに素人がやれば、料金や工賃がかからなくて済みます。ですけれども、多少費用がかかったとしても、専門家にお願いする方が、安心して車に乗っていけるでしょう。

実際、タイミングベルトの交換も、一般的には修理工場や、ディーラーにお願いする場合がほとんどです。タイミングベルトの交換でも、特にフェラーリなどの高級スポーツカーでは高度な技術を必要とされています。

さらにタイミングベルトの交換時期も2年、もしくは2万キロと定められており、これは一般車に比べれば非常に短いものですよね。タイミングベルトの交換も車種によっては、数十万円という費用がかかってしまう事もしばしばです。

また、タイミングベルトの交換時に、ベアリングの損傷、ウォーターポンプの老朽化が見つかる事もあり、これらの修理も併せて行われるケースも少なくないのです。一般車であっても、タイミングベルトの交換と同時に様々な交換をオプションとして行ってしまえば、費用の金額は跳ね上がってしまうでしょう。

スポンサード リンク

Copyright © 2016 タイミングベルト 交換時期は10万キロ? プライバシーポリシー